ホーム病院案内>理念

 理 念

  • 地域における役割を十分に踏まえて医療機能を高め、サービスの改善に取り組んで住民の理解と信頼を獲得します。
  • 生涯学習の精神を保ち常に医療の知識と技術の習得に努めます。
  • 医療を受ける人々の人格を尊重し、優しい心で接するとともに信頼を得るように努めます。職員交互の交流を通じて互いに助け合い、医療技術と知識の習得に努め、倫理の向上に努めます。
中垣病院理念

 沿 革

  中垣病院は、札幌市と小樽市の境界地、手稲金山に昭和53年12月15日、精神科・神経科・内科・歯科を標榜し150床で設立。国道5号線山側の広大な用地に手稲山の四季を望み、眼下に海の見える風光明媚な場所で、設立当初から開放的な作りの精神科病院であります。昭和56年に医療法人化し、現在は278床で、病棟は5単位。平成6年には全道で先駆けの認知症病棟を開設しています。現在は介護保険適用病棟42床、認知症治療病棟110床、精神療養病棟126床、外来部門として精神科デイケア、精神科訪問看護を行っています。