ホーム>精神科訪問看護

精神科訪問看護

 精神科訪問看護とは

病院を退院された方、または外来通院をされている方が、家庭や地域社会で安心して日常生活を送ることができるよう、看護師や精神保健福祉士がご本人の生活の場に定期的に訪問し、ご相談に応じたり必要な支援など行うものです。

このような方が利用されています

うさぎ

・身のまわりのことや、食生活がうまく出来ない
・夜眠れない、日中に眠気がある等生活リズムが整わない
・外来通院ができず、入退院を繰り返す
・治療についてよく分からない、薬がきちんと飲めない
・人とうまく話すことや、付き合うことができない
・ご家族の方がご本人とどのように関わったらよいのか分からない
・障害者年金や自立支援制度などの利用方法が分からない

上記以外にも様々な方が訪問看護を利用しています。お気軽にお問い合わせください。

精神科訪問看護を利用するには

訪問看護は医師の指示のもとで提供されるサービスです。利用を希望される方は、診察時に主治医へご相談ください。また、医療相談員もご相談を承っておりますので、お気軽にお声かけください。 利用回数・訪問日程について 1週間に3回の訪問を限度とし、利用目的やご本人の要望を組み入れて利用回数を決定します。一度の訪問時間は、30分から1時間程度です。

利用料について

各種保険、生活保護法、障害者自立支援法が適用されます。詳しくは、直接医療相談員までお尋ね下さい。

line^car

実施している支援

健康上のご相談を承っております。 血圧測定の他に、服薬確認や日常の生活状況などを聞かせて頂き、利用者の方が健康で、安心して生活できるよう共に考え支援しています。

hn-001

hn-002
日常生活の支援の一環として掃除の仕方、ごみの分別、電化製品の使い方など、様々な疑問や悩みを利用者の方と一緒に相談しながら解決しています。

外出する機会の少ない方や一人での手続きが難しい方等は、訪問看護の時間を利用して、買い物や役所にも同行します。 一緒にカフェに行く等、生活の豊かさを大切に支援しています。

hn-003

お問い合わせ

hn-004
詳しい内容等については、
医療相談室 (011-682-3011)

にお問い合わせください。
line1